建築現場で活躍する袋|高い技術力を持つ業者の作った金網|高品質な商品を販売
作業員

高い技術力を持つ業者の作った金網|高品質な商品を販売

建築現場で活躍する袋

土のう袋

土のう袋と聞くと災害時に使用する袋をイメージするでしょう。川が氾濫した際に、住宅の玄関前に積み上げて、川の水が室内に侵入することを防いでくれるものです。災害時に大活躍している様子は、テレビ中継でも確認することができます。この土のう袋は建築現場でも活躍しています。

建築現場では昔からガラ袋を使用していました。ポリプロピレン性の袋の中に廃材やゴミを詰め込んで、作業に利用していましたが、最近ではガラ袋の代わりに土のう袋が利用されはじめています。なぜならガラ袋よりも安く入手することができるからです。コストを下げるためにとても有効なのです。さらにサイズによる考え方も変化したことが、多く採用されている要因です。ひと昔前までは大きなガラ袋が主流でした。しかし、現在は大きい必要がなくなったので、半分程度のサイズの土のう袋が重宝されているのです。サイズが半分のために、ガラ袋よりも持ち運びが楽になりました。そして、釣りが入っている袋も耐久性が強いために、紫外線や熱に強い特徴があります。ですから、屋外に放置しても問題ありません。とても便利なので、多くの建築現場で土のう袋が活躍しています。

現在は土のう袋をまとめて購入することが可能なサイトも登場しています。企業や会社を対象にネット販売をしているサイトなので50枚単位で購入することができるでしょう。また、まとめて大量に購入すればするほど、1枚あたりの費用は安くなります。必要な分だけ購入するのでは、予備も購入して安くしましょう。